投資初心者ならみんなで大家さんでデビューしよう

区分マンションの有効活用

積み木と紙幣

少ない投資額での経営

マンション投資の方法として区分マンションの利用が広まってきています。マンションを一棟買いすることでマンション投資を行う方法は古くから行われてきましたが、大きなマンションの一部屋だけを購入して経営するという投資方法が選べるようになりました。区分マンションを活用することで一棟買いに比べて少額の資産しかないという場合でもマンション投資を始められるようになっています。区分マンションの特徴として、もともと投資用物件として作られているマンションの一室のみを購入し、その経営はそのマンションの管理を行っている会社に委託するというシステムを採用しているの点が挙げられるでしょう。マンション投資を行うと経営負担がかかるというデメリットが通常はありますが、区分マンションの場合には大半の物件でサブリースになることから経営負担を考える必要がほとんどありません。実質的には労力的な経営負担がないため、投資額に対して利益を得ているという感覚ができるでしょう。区分マンションによる投資の場合にはその利益の形に違いがあるのには留意した方が良いでしょう。通常は利益とリスクが分散されていて、持っている部屋に対して一定額か、管理会社が経営により得た利益に比例した金額が与えられるシステムが一般的です。一室しか持っていないと空室リスクがありますが、それを全体で分散させることによって利益が途絶えないように工夫されていることが増えてきています。