投資初心者ならみんなで大家さんでデビューしよう

民泊ビジネスをサポート

集合住宅

登録作業から清掃まで一任

最近では民泊ビジネスが何かと話題を集めていますが、インターネットを通じて外国人の宿泊客を呼び込むにはairbnbを利用するのが便利です。airbnbは世界の人々が利用している民泊サイトで、登録された物件情報は200近い国に公開される仕組みとなっています。airbnbへの登録は無料でできますが、民泊をビジネスとして成立させるためにはさまざまな工夫も必要です。民泊ビジネスを始めてもなかなか成果が上がらないという人は、airbnb代行サービスを利用することで改善できる場合も少なくありません。airbnb代行サービスではサイトへの登録作業ばかりでなく、物件情報を掲載するページの作成や写真・動画撮影にも対応しています。インテリアコーディネートなど利用客の増加につながる各種の工夫に加え、部屋を利用する際のハウスガイドやアクセスマップ等の作成も代行してくれるのです。実際の運用では利用客との間で24時間の電話対応やメール等での連絡が欠かせませんが、価格交渉への対応も含めて代行サービスに一任できれば負担も大幅に軽減されます。このようなairbnb代行サービスを利用することで、民泊に予想されるさまざまなトラブルも大きな問題に発展する前に解決できます。トラブルを未然に防ぐためには利用訳からの問い合わせに随時対応する柔軟性も欠かせませんが、電話やSNSを通じて案内係を務める代行サービスは心強い存在です。airbnb代行サービスを利用することで地理的に離れた場所にある住宅物件でも民泊に活用できることから、不動産投資の新たな手法として注目を集めています。最近ではairbnb登録から使用後の清掃まで一任できる代行サービスの利用を前提として、民泊目的の住宅を購入する事例も増えてきました。airbnb代行サービスを活用することで民泊の回転率も向上するため、賃貸住宅以上の高収益を上げることも可能なのです。